別居している寂しがりやの男性にデリヘルサービス

今日は夜の7時からデリヘルの仕事が入っています。どんな人なのかなあという想像をしながら、お客の家に向かいます。するとなんとびっくり、ひとり暮らしかと想像していたら、大きな2階建ての家で、30代の男性が出てきました。結婚してはいるものの、別居状態が続いているらしく、寂しいのでデリヘルを呼んだとのことでした。まずは自己紹介などをしながら、少し話しをしていると、彼がおっぱいを揉みたいと言い始めてきたので、それに応えるように、じゃあ服を脱がせてくれるとリクエストしました。彼はとても喜んで私のシャツを脱がし始め、ブラジャーの上からおっぱいを持ち上げるように揉み始めました。

その後彼が今度は勢いよく、ブラを外したのでおっぱいが丸見えになってしまいました。彼は興奮しておっぱいにかぶりつくように吸っていました。そうとう長い期間セックスや女性の体を触っていないのだと思いました。ちょっとかわいそうになったのでサービスを多めにしてあげてかわいがってあげました。その後はスカートの中に顔を突っ込んできたり、パンティの中に手を入れてきたりという感じで、彼のしたいことをさせてあげました。それだけでもかなり満足できたようで、後は私から彼のズボンを下ろしてあげて、フェラチオで彼を気持ちよくさせてあげました。彼は我慢できずにイッてしまいましたが、快感を得られたみたいなので良い仕事ができたという気分です。約1時間彼とこうしていちゃいちゃした時間を過ごし、その後、次のお客さんのところに向かいます。こうしてデリヘルの仕事があるのは嬉しいことです。